ロンドンの知らないイギリス人として自分で面白い所を見つけながら日本人にも紹介したいと思います。
イギリス人の知らないロンドン
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロンドン逃走2:ディス(Diss)
2011-05-19-Thu  CATEGORY: ロンドン逃走
ディス(Diss)はほとんどのイギリス人でも知らない、イギリス東部にある小さな町です。
別に観光地でもないけれど、実家に一番近い町でとても気に入っています。

先週末半年ぶりに帰ったら、始めに気がついたのは鳥の鳴き声です。
ロンドンで小さな公園の隣に住んでいるから、鳥ががんばって朝日と夕日に鳴くのを聞くけれど、田舎の町だと鳥が一日中嬉しそうに鳴くのです。

他に目立ったのは食べ物の違い。
毎週の土曜日、ディスでFarmer's Marketがあり、おいしいお肉、パンやケーキ、野菜、卵やチーズなどが安く買えます。
そこで日本と同じようにその時期の新鮮な植物を手に入れます。(今回はアスパラガスとイチゴでした)
値段が安くても量が非常に多い。
それでディスの人々はロンドン人と比べて体が大きい。

ずっと住むと重い食べ物と遊ぶ所の少なさに飽きるかもしれないけれど、時に帰ると楽しい。

Diss.jpg

ロンドンリバプールストリート駅から約90分です。機会があったらぜひいらっしてください。

http://www.disscouncil.com/
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
ロンドン逃走1:ブライトン
2011-04-21-Thu  CATEGORY: ロンドン逃走
ロンドンへ引っ越してきてからもうすぐ6ヶ月になります。
そろそろ本物のロンドン人になるでしょう。
その兆しの一つは、多くのロンドン人と同じように街を離れたくなることです。
特に暑い日は、誇りっぽい通りを逃げて、海辺へ行きたい。

それでブライトンへ行くことにしました。

初めてブライトンへ足を運ぶ前に、あまり行きたいと思いませんでした。
イングランド北部にたくさんあるような、くたびれた海辺の町と思っていたのです。
確かに桟橋は古くて、そこのアトラクションは高すぎてうるさいけれど、落ち込むというより懐かしい思いをしてむしろ楽しかった。

行く度にだいたい同じようなことをします。
桟橋を出てから浜でフィッシュアンドチプスを食べる。
重すぎるからほとんど食べないフィッシュアンドチップスを海を眺めながら食べるととてもおいしい。

その後町の小さな通りをうろうろして、調子に乗ってかわいい洋服を買う。
そして夕方になるとバーで白ワインを飲む。
最高です。

美しい海、おいしい食べ物や素敵なお店に囲まれているのんきなブライトン人は別の人種のように見えました。
私、ますますロンドン人になっているな。

Brighton man


トラックバック0 コメント0


Copyright © 2017 イギリス人の知らないロンドン. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。