ロンドンの知らないイギリス人として自分で面白い所を見つけながら日本人にも紹介したいと思います。
イギリス人の知らないロンドン
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
博物館2:サー・ジョン・ソーンズ博物館(Sir John Soanes Museum)
2011-02-10-Thu  CATEGORY: 博物館
昨晩激しい夢を見たか、それとも歩きながらIポッドで怪談を聞いたせいかわからないけれど、博物館に入ったとたんあまりいい気分ではありませんでした。

半分家、半分博物館です。1階の居間を出るとすぐ古風の像がたくさん並んでいます。
2階の部屋はターナーイェローの色で確かにきれいだけれど(ソンズは建築家でした)紫外線を防ぐための窓グラスのせいか、外は晴れても部屋は不自然な色で浴びています。

ウィリアム・ホガースの絵画を見に行ったけれど、人間の悪事を戒めるこの絵画とソーンズの悲しい家族関係を考えながら(最後は二人の息子と仲悪かっから家が博物館になりました)気分が更に暗くなってしまいました。

火曜日の夕方、博物館はろうそくで照明されるできれいだと聞いたことがあるけれど、友達と明るい気分で行った方がいいでしょう。

http://www.soane.org/

出た後天気が晴れても外で座るにはまでちょっと寒くて家に帰るにはまだ早かったから、近くのホールボーン図書館へ行ってみました。
入ったら中年男性が圧倒的に多かったんです。一人が気持ちよさそうに大きなひびきをかいていて、もう一人がぽつんと物々言ったり笑ったりして、もう一人がちょうど2年1日前神様と出合ったことを大声で威張っていて結局追い出されました。

絵画より、時には人間を生で見た方は面白いでしょう。
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


Copyright © 2017 イギリス人の知らないロンドン. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。