ロンドンの知らないイギリス人として自分で面白い所を見つけながら日本人にも紹介したいと思います。
イギリス人の知らないロンドン
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地域1:シティ(City)
2011-01-13-Thu  CATEGORY: 未分類
先週町を歩きながら、不思議なことに気が付きました。

新しい携帯電話を買おうと思って出かけました。
リバプールストリート駅まで歩いたが、その辺りは観光客が多くてちょっと安っぽい感じだからモールゲート駅の方を歩いてみようと思ったんです。
ただ、携帯屋さんどころか、カフェや薬局屋ほとんど皆閉まっていました。
正にゴーストタウンでした。

平日はにぎやかけれど、社員がいない週末になると街の一部が完全に止まります。
体の臓器みたい。
決まった機能のためしか動いていないんです。
そして必要のない時はシャットダウンして、臓器への血の流れまでストップします。

イギリスでは「働く」と「住む」ための地域をこんなにはっきり区別する街はロンドンだけでしょう。

結局携帯をリバプールストリート駅の支店で買いました。
店員は携帯にあまりにも興味になさそうでちょっとびっくりしました。
携帯を買うのはスーパーで食品を買うより簡単というのに慣れていないんです。
確かに観光客や留学生には便利ですが。
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


Copyright © 2017 イギリス人の知らないロンドン. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。